BlUe☆DiArY

明日晴れたらいいな。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなとき今の彼とはまだ友達という関係でした。
いろんな馬鹿な話もしたし、
恋愛の話もよくしました。
彼も当時好きな人がいたんで二人とも話に花が咲く
同時期に私の場合前に書いたように二人とも今の恋愛が絶望的状況に。
私は迷っていた。
もぅ一度告白するべきか。
「返事を求めなかったからこんな状況になったのかもしれない」と思ってしまうのです。
「返事は案外OKだったりして」とか楽観的な妄想をしまくっていました。
もぅ一度告白すべきか彼に聞いてみました。
彼は「もぅ一度告白するのがいいんじゃない?」っていうような肯定的な意見を言ってくれました。
あとからわかったんですが、
このときには彼は前の好きな人はあきらめてちょっと私に傾いて来ていたようです。
それをあとから知って「OKだったらまた自分は失恋することになるのになんていぃ人なんだろぅ」とか思ったりしました。
でも、いろいろ相談してるうちにT君への愛よりいつも優しい彼への愛が大きくなっていく。
気が合って、楽しい彼。
私は彼を好きになっていました。
「T君への再告白はやめる」と言ったとき彼は「そ~なんだ」みたいなこと言ってたと思いますが、
彼が私のことを好きだと知らなかったから気付かなかったんだけど
メールにさりげなく「やったぁ」みたいなことが書いてあったことにあとから見返して気づく

実際友達から彼が私のことを好きだとそのちょっとあとに聞かされて、
友達が彼に私も好意を持っていると伝えてしまっていたのかな?
結局ウチラは公園で永遠の愛を誓いました(今の段階ではまだ)
付き合うことに決定しました。

ただ告白に名前じゃなくて(前の方の記事に出てくる)「貴方様☆」が使われていたことがちょっと悔やまれます(笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。